ワクチンはなぜ必要なの?

ウィルスによる感染症は、細菌性の病気と違って、抗生物質の様な特効薬はありません。一度感染してしまうと、猫白血病のように一生体に残って悪さをする ウィルスもいます。またレプトスピラや狂犬病は犬だけでなく人にもうつる恐ろしい病気です。

 

これらの伝染病から大切なワンちゃんやネコちゃんを守るため に、ワクチン注射で病気に対する抵抗力(免疫)をつけ、病気を未然に防いであげましょう。

 

 

子犬、子猫へのワクチン注射

生後2~4か月齢ころまでの子犬、子猫には、母親からもらった免疫を持っている場合があります。この免疫を持っている場合は、病気にかからないという利点 がありますが、同時にこの間はワクチンを注射しても効果が得られない時期でもあります。

 

子犬、子猫にワクチンを注射するには、この母親からの免疫が無くな る時期を待って行わなければなりませんが、その時期には子犬、子猫によって個体差がありますので、2~3回あるいはそれ以上のワクチン注射する必要があります。ワクチンでできた免疫の持続期間は約1年間ですので、それ以降は年1回の注射となります。

 

 

ワクチン接種後の注意点

  • ワクチンを打った後、2~3日は激しい運動は避け、シャンプーなどストレスになるようなことはしないでください。
  • ワクチン接種後、元気・食欲がなくなったり、発熱、おう吐、下痢などの症状が出る場合があります。そのような場合はご連絡ください。
  • ワクチン接種後、まれにまぶたや唇顔全体が腫れ、痒がったりする場合があります。さらにぐったりして元気がなくなってしまったりする場合がありますので、そのような場合は、出来るだけ早く当院かお近くの動物病院を受診してください。